このメニューではカード不正トラブルについてお届けしています。

カード犯罪がネットで増えているので注意


カード犯罪がネットで増えているので注意
現在発行されているクレジットカードのほとんどは国際ブランドと提携をして発行されています。
つまり日本国内はもちろんのこと、世界中でクレジットカードを使用して支払いをすることが出来るのです。 クレジットカード本体が手元にあることから請求書が届いて初めて不正利用されたことに気が付くことになります。
またクレジットカード本体が手元にある場合におきましては保険が適用されないケースもあるのでご注意ください。インターネットショッピングが普及してきた現在、カードの不正利用もクレジットカード本体ではなくクレジットカード情報を盗む手口が増えてきました。
連日のようにカード不正のニュースが流れ驚かれている人もいることでしょう。

クレジットカードのスキミングというのは磁気ストライプの情報をこっそりと盗み出し、フィッシングというのはカード番号やパスワードをホームページを偽造して盗み出す犯罪となります。
このようなネット不正の特徴は発覚までに時間がかかってしまうという欠点があります。日本国内でクレジットカードが普及してきたのはまだまだ歴史は浅いですが、それでも現代はクレジットカード社会とも言えます。
社会人にでもなればクレジットカード保持は当たり前のことであり、持っていないと信用出来ない人とも見られてしまいます。




カード犯罪がネットで増えているので注意ブログ:2017/08/17

息子が幼稚園に入園したら、
母親が弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
母親の手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

母親の手作り弁当であればこそ、
息子は母親の母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
母親に対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かに母親たちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
母親は息子に対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしも息子の心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

母親が息子のために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
奥さんが夫のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

夫は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

奥さんとしては夫のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも奥さんが自宅で弁当を作れば、
夫は14時食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

奥さんが夫のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。

カード犯罪がネットで増えているので注意

カード犯罪がネットで増えているので注意

★メニュー

カード犯罪がネットで増えているので注意
クレジットカード選びはお得なポイントプログラムに注目
キャッシングだって簡単!クレジットカードは買い物だけじゃない!
デビットカードは後払いじゃないから審査不要
ライフカードは世界でも利用出来る便利なクレジットカード
さくらカードは多くの女性に支持されている
航空路線を頻繁に利用する方に便利
女性だけが持てる国際的なクレジットカード
「ダイナースクラブ」は世界最高峰のクレジットカード
シナジーJCBカードでガソリン代を割安


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)財布の中に入れておこう!クレジットカードガイド